東芝コードレスクリーナーVC-CLS1実際の使用感を徹底解説

日常

2021年1月中旬から発売された「東芝 コードレスクリーナー VC-CLS1

の実際に使用したレビューと他社比較についてまとめました!

これから、軽量タイプのコードレスクリーナーを購入検討されている方に参考になる記事です!

 VC-CLS1のスペック

まずは、VC-CLS1のスペックから見ていきましょう。

軽さ以外の売りはあるのでしょうか?

色は2色あります。

グランオレンジピンクブロンズです。

どちらも光沢のある色で、高級感あるデザインです。

重さ、サイズ

なんといってもその軽さ!

標準質量1.2kg!(本体質量0.8g)

つまり、ハンディで使う際は重さが1kg未満になるということです。

連続運転時間と充電時間

連続運転時間は、標準32分、おすすめ20分、強8分。

おすすめは強と標準の中間の吸引力です。

他社コードレスクリーナーも、長くて40分運転なので、妥当でしょう。

充電時間は4.5時間です。

他のメーカーに比べると1時間長くかかります。

ちょくちょく使っては充電するを繰り返すと気にならない時間です。

ゴミ集じん機能

0.15Lのダストカップを搭載しています。

国産メーカーのコードレスクリーナーは概ね0.15Lのカップです。

しかも、1/3ゴミ圧縮機能を搭載しており、ゴミを丸めて小さくします。

見た目よりたくさんのゴミを吸引することが可能です。

ヘッドの機能

ヘッドはデュアルトルネードシステムというヘッドです。

簡単に説明します。

モーターヘッドなのですが、自走はしません。

その代わり、地面と密着度を高めてゴミを収集します。

軽量タイプのコードレスクリーナーで自走しないのは、VC-CSL1のみです。

付属品

丸ブラシとすきまノズル。

どちらも、ハンディの時も、クリーナーの時も、両方のヘッドに取り付けることができます。

手軽に車内の掃除や、細い隙間の掃除を軽々行えます。

スタンドの有無

スタンドはありません。

市販のコードレスクリーナースタンドを用いるといいでしょう。

1000円ぐらいからあります。

東芝 TOSHIBA スティッククリーナー グランオレンジ VC-CLS1-D [サイクロン式 /コードレス]

価格:42,801円
(2021/1/23 23:53時点)
感想(0件)

掃除機スタンド コードレス掃除機 スタンド【Aフロア】スティッククリーナースタンド プレート[03275]

価格:2,035円
(2021/1/24 00:06時点)
感想(0件)

 

VC-CLS1を使ってみたレビュー

では、実際にVC-CLS1を使ってみたレビューです。

思ったことをそのまま書いています!

プラスもマイナスも両方ありました。

振り回せるぐらい軽い!

1.2kgの本体の軽さに驚きました。

クリーナーとして地面の掃除はもちろん、高いところの掃除にも使えるぐらい軽かったです。

手の動きだけで操作できるのでまるでコード付きの掃除機を操作しているかのような軽やかさでした。

また、グリップが手首に負担がないように設計されているのも、好印象でした。

自走式じゃない…。

ラグや絨毯の上だと走らない…。

ラグや絨毯の上だと、ヘッドの吸引力によって地面にくっついてしまいます。

その結果、1.2kgとは思えない操作性の重さを感じました。

自分の力でしっかり押すと進むので、ゴミはちゃんと吸えていました。

にしても、ちょっと重たい…。

フローリングのゴミをめっちゃ吸う!

フローリングはめっちゃ吸う!

自走ではないので、

地面とヘッドの密着度がどの軽量タイプのコードレスクリーナーよりも高いです!

そのこともあって、フローリングの溝のゴミをちゃんと取ってくれます。

「国産で自走じゃないってどうなの…?」って思いましたが、

「これは自走じゃなくて正解だな」という使用感でした。

ダストカップが掃除しやすい!

ダストカップは従来の東芝フィルターレスクリーナーとほぼ同じ形でした。

サイクロン部分がそのままフィルターになった形です。

ダストカップには、帯電防止機能と、ゴミ1/3圧縮機能が備わっています。

ゴミがダストカップに付着しづらく、ほこりなどが、ピンポン球のように圧縮ボールになります。

充電のプラグを挿す位置が変…。

充電のプラグをグリップ近くのよくわからないところに挿すのは使いづらいなぁと感じました。

スタンドもないので、掃除機をかけ終わったら毎回充電プラグを挿すのも、ちょっとめんどくさいかなと感じました。(軽量タイプで、置くだけ充電できる機種はないので、仕方ないですが!!!)

東芝 TOSHIBA スティッククリーナー ピンクブロンズ VC-CLS1-N [サイクロン式 /コードレス]

価格:42,801円
(2021/1/23 23:50時点)
感想(0件)

VC-CLS1はこんな人にオススメ!

VC-CSL1は以下のような要望がある方に限られます。

それ以外の方は、他のコードレスクリーナーを購入することをオススメします。

軽くて吸引力が強いクリーナーを求める人

1.2kgという軽さに、自走なしパワーヘッドによる床との密着性。

軽さと吸引力の両方を満たします。

(その代わり、絨毯でのスイスイさはありません)

自宅がフローリングやたたみメインの人

フローリングやたたみなどのヘッドに吸い付かれない床材がメインの方にオススメです。

おしゃれな色合いのクリーナーが欲しい人

色が、鮮やかなオレンジと、ピンクゴールドです。

延長ノズルも光沢と凹凸のある素材でオシャレです。

白などの落ち着いた色ではないので、鮮やかな色合いのクリーナーが欲しい方におすすめです。

VC-CLS1の購入は避けたほうがいい場合

以下に当てはまる方はVC-CLS1の購入はやめて他のコードレスクリーナーを購入しましょう。

自宅がラグや絨毯メインの人

住宅がラグや絨毯メインの場合、国産の自走モーターヘッドのクリーナーの方が相性がいいです。

クリーナーの重量も1.8kgぐらいの中重量の方がパワーが強くオススメです。

同じ東芝のVC-CL1700はフィルターレスで、吸引力の変わらない掃除機なので、オススメです。

東芝 TOSHIBA スティッククリーナー ピンクブロンズ VC-CL1700-N [サイクロン式 /コードレス]

価格:46,500円
(2021/1/23 23:54時点)
感想(0件)

フィルターのあるクリーナーを使いたくない人

フィルターのあるクリーナーは、3週間から1ヶ月に1回フィルターの掃除が必要です。

その手間がめんどくさい方は、フィルターレスのコードレスクリーナーをオススメします。

ダイソン、パナソニック、東芝がフィルターレスクリーナーを発売しています。

付属のスタンドが欲しい人

VC-CLS1には付属のスタンドがありません。

同じような軽量モデルで付属のスタンドは欲しい方は日立のPVBL20がオススメです。

昨年のモデルですが、軽量タイプの中では人気のモデルです。

日立 PV-BL20G N DCスティッククリーナー ラクかるスティック シャンパンゴールド

価格:41,870円
(2021/1/23 23:57時点)
感想(0件)

バッテリーだけで交換したい人

軽量タイプのクリーナーの中でバッテリーだけ交換可能なのはSHARPです。

急速充電なので、バッテリーの消耗も早いです。

シャープ サイクロン式コードレススティッククリーナー RACTIVE Air ゴールド系 ECAR5XN [ECAR5XN]【IMPP】

価格:55,334円
(2021/1/23 23:59時点)
感想(0件)

↑バッテリーが二個ついています。

軽量クリーナーで自走式じゃない唯一のクリーナー

VC-CLS1は軽量タイプで唯一自走のないクリーナーです。

フローリングの密着感は他の軽量コードレスと格段に違います。

ご自宅がフローリングで軽量タイプお求めの人は、絶対買って正解です

もし気になったからは下の商品リンクをみてみてくださいね!

東芝 TOSHIBA スティッククリーナー グランオレンジ VC-CLS1-D [サイクロン式 /コードレス]

価格:42,801円
(2021/1/23 23:52時点)
感想(0件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました