【Tinder VS Tantan 】tantanアプリの使い方

マッチングアプリ

最近TiktokやYoutubeの広告で流れてくる友達探しアプリTantan。

 

実際に会えるのか半信半疑で始めたところ意外と会えることが判明!

 

tinderとの違いも踏まえてTantanアプリを評価した記事です!

 

Tantanとは。

 

アジアNo.1のフレンドマッチングアプリTantan。

 

開発国は中国で、Tinder,Bumble,ペアーズに次いで世界4番目に規模の大きいマッチングアプリです。

 

日本の場合、登録者数が劇的に少ないです。

 

タンタンアプリは登録者が少ないということは敵も少ないということなので現在はブルーオーシャンと言えます。

 

tantanの機能

 

Tantanの機能についてご紹介します。

 

検索(tinderのスワイプ画面のこと)

 

検索は「わたし」の設定から検索範囲の変更が可能です。

 

範囲、性別、年齢を選ぶことができます。

 

(Tinder)と同じ仕様

 

Tantanで相手からのいいねはみれない。

 

相手からのいいねは確認することができません。

 

そのためマッチするまで人を選んでライクし続けましょう。

 

マッチの仕方はTinderとほぼ一緒

 

相手と互いにLIKEしないとマッチしません。

マッチすると、相手とメッセージができるようになります。

 

その他のTinderとの違い

・既読機能はない。

・トークの時間の確認は不可

というのが違いです。

機能のまとめ

 

Tantanは通話機能のないLINEと同じ!

 

と言えるわけです。

 

Tinderより機能性が高いので、今度Tantanが流行り出すのは時間の問題かと思います。

 

【スクショあり】TantanのマッチからLINE移行までの全て

 

では、Tantanで実際のトークを見ていきましょう。

 

Tantanで友達を探すときにできる設定は?

 

場所…無課金の場合現在地のみ

範囲1km~100km+

男女選択…男性とマッチする、女性とマッチする、男女ともにマッチする

年齢…18~50+

自動拡大…範囲が300kmとかめちゃくちゃ広がります。

 

 

以上の設定を行ったのち、いざスワイプ画面にいきましょう。

中国のユーザーが多いです。

サクラなのかな?とも思うので、中国人の方は(パス)することをオススメします。

ハートがLike、星がスーパーライクです。

Tinderと同じです。

右、左、左、左…どんどんスワイプをして行くと人がいなくなります。

 

まだ、登録者が少ないのでどれだけLikeを送ってもすぐに誰もいなくなる画面になってしまいました。

基本的なスワイプ、スーパーライクはTinderと同じです!

一度、左スワイプ(パス)してしまうと、VIP会員ではない場合、二度と表示されなくなるので注意しましょう。

無課金の場合、右スワイプの回数は1日150回ぐらいです。

これもTinderの仕様とほぼ同じです。

トーク画面でできることは5つ!

 

トーク画面でできることは

 

1.写真を送れる

 

LINEのQRコードを送れるので、IDを教えなくても安全にLINE交換できます!

自分の写真や相手の写真を送ることが簡単にできます。

(そのため、他の写真見たいからLINEしよう!という誘い文句は厳しくなります)

 

2.場所を送れる

 

待ち合わせの際などに自分がどこにいるかを送ることができます。

 

3.文章を送れる

 

文章は送れないと、やり取りできないので確実にある機能ですね~

ただ、文章の送信時間、既読が確認できないのが、マイナスポイントです。

 

4.iphoneの顔文字、Tantan用のスタンプが送れる

 

可愛いTantan用のスタンプを送ることができます。

ほぼ、LINEのような感覚で使用できるので、良いです!

 

5.ボイスメッセージが送れる

ボイスメッセージが送れます。

そのため、文面だけではわかりづらい自分の声や雰囲気を相手に伝えることができます。

電話をいきなりするのは緊張する!という方は、ボイスメッセージから慣れて行くのもいいですね!

 

*赤字部分がTinderよりTantanの方が機能的に優れている点です!

実際にLINEするまでのやり取り

スクショ1枚分でLINEに移行することができました。

Tantanから、LINE移行は簡単な印象でした。

理由は、

・Tantan自体に慣れている女子が少ない

・互いに使い方がはっきりしないのでLINEの方がやり取りがしやすい

登録者が少ないので積極的にメッセージを送ることで返信率がいいから、会話が弾みLINE打診に繋げやすい。

 

初心者感、慣れてない感、このアプリでマッチした特別感

 

この3点セットで、LINE打診をすると通りやすいと感じました。

まとめ~次の時代はTantanがくる!~

 

Tinderより、登録者は少ないものの、機能面では十分に優れているTantan。

 

Tinderに疲れた女子がこれかた流入してくること間違いないです。

 

というのも、TantanはTiktokやYoutubeなどにCM広告を出しているからです。

 

そのため、若い女子の集客力が高くなってくると見込まれます。

 

早めの行動で、Tantan界を牽引していきましょう!(笑)

tantanは使い方次第で、tinderよりも効率よく集客できます!

合わせて読みたい記事↓

【tinder実例アリ】会える女性だけとLINEを交換する時短術

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました