田舎デート~大事なのは場所じゃなく時間~

恋愛

好きな人との初めてのデート、楽しいところに連れていってあげたいけど、田舎だから行き尽くしちゃった。

気になる人をデートに誘ってみたけども、田舎で何にもないから何していいかわからない。

そんな悩みを抱えているローカル男子は多いと思います。

今回は、田舎で付き合う前にデートをしたいけどどこにいっていいかわからない!という方に向けた新提案です!

田舎デートは場所にこだわらないデートをしよう

 

田舎デートはどこのデートスポットにいっても元彼の二番煎じになる場合がほとんどです。

だから、場所に縛られずに楽しい時間を相手に提供してまた会いたいと思ってもらうことを目的としたデートプランを考えていきましょう!

 

田舎すぎていく場所がないなら初回は会うだけでいい。

 

田舎だからいく場所がない…。

 

そしたら、会って少しお話をするだけでも十分だと僕は思います。

 

デートで大事なのは相手の女性に「この人いいかも!また会いたい!」と思ってもらうことです。

 

そう思ってもらえたら次回以降はどんな場所でも気にならなくなるからです。

 

デートの時間を決めて相手に楽しい時間を提供する

 

相手を楽しませるといっても、どうやったらいいかわからない。

 

長時間一緒にいたら話すことがなくなってしまう…。

 

田舎だからこそそんな悩みが出てくると思います。

 

だから、時間を限ってデートをするのです。

 

時間を限ることで無駄がなくなり、必要最小限の初回デートができるようになります。

 

1時間だけのランチデート

 

ランチデートを提案するのも1時間で十分です。

 

ご飯を食べて、相手のことについてお話をして、解散。

 

これからもっと会いたいなとなれば、そこから次のデートにつながりますし、違うなと感じれば、時間を無駄に使わなくてすみます。

 

30分のドライブデート

 

ドライブは30分ぐらいを目安にするようにしています。

 

10分ぐらいで打ち解けて、15分ぐらいで相手のことを聞き出し、後の5分でまた会いたいかを聞く。

 

そしてドライブだとどこへでもいけるのでその時の反応がよかったらおうちデートなどにも誘うことができます。

 

15分だけの公園デート

 

最終手段の公園デート

 

近場の人や、閉鎖空間で二人きりになりたくないという人とデートするときに用います。

 

公園からカフェ、家、ご飯、など派生できるように周辺の知識を入れておくことと会話の流れをスムーズにする必要があります。

 

時間を決めたデートでも十分楽しい理由

なぜ時間を決めたデートが楽しいのでしょうか?

それには人間の心理を利用した仕組みがあります。

時間を制限することで行動にメリハリが出る

 

時間を制限すると無駄な時間がなくなります

 

だらだらと次どこ行くか悩んだり、だらだらとこの後誘えなかったりすることがなくなります。

 

するとスマートな誘い方ができ、男らしいデートができます。

 

どこにいくかではなく誰と過ごすかが大事であることをわかってもらえる

 

時間が限られていて、スマートなデートができると、相手も楽しかったという印象を抱きます。

 

楽しかったという印象は、どこにいったかという印象ではなく、なたと過ごした時間に対する印象なので、誰と過ごすかが大事であることをわかってもらうことができます。

 

もしそのあとも一緒にいたいとなったら、幸せに感じることができる

 

デート終盤、終わりかと思いきやまだ一緒にいることができるとなると幸せに感じます。

 

例えば、1時間まで飲み放題!しかし、終了間際で1時間半に延長です!と言われると得した気分になります。

 

その心理効果を利用した方法です。

 

お得感を相手に与えることで幸せな気持ちにすることができます。

 

時間を決めて中身の濃い時間で勝負!が新しい田舎デート

 

行く場所が大事なのではありません。

 

相手を楽しませることが新しい田舎デートです。

 

そのために時間を限ってメリハリのあるデートをしましょう!

 

どこかに行くという場所に頼るのではなく、自分と過ごす時間が楽しいと思ってもらうことが、いいデートをするためのコツです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました